アンティーク家具を百年以上きれいに維持保存するために気を付けることとは?

アンティーク家具を百年以上きれいに維持保存するために気を付けることとは?

アンティーク家具が現存しているのには理由があります。
それは、適した環境で適切にお手入れをされてきていたから。
そのアンティーク家具をこれからも百年以上維持保存していくためには、どんなことに気を付けるべきなのでしょうか。
注意するべきことの一つがアンティーク家具を置く環境です。
まず一つに直射日光を避けるということがとても重要です。
直射日光が当たると、色あせなどの原因になります。
もしもどこにおいても直射日光が当たるというときには、カーテンなどで日光を避ける方法も効果的です。
また湿度や乾燥も重要です。
日本は冬場は乾燥が強く、梅雨の時期になると湿度が高くなりますね。
乾燥が続くと家具の材質を傷める原因にもなります。
湿度が多くなるとカビや腐食などの原因にもなります。
アンティーク家具を百年以上きれいに維持保存するためには、このような環境に注意することが重要です。
環境を整えることが長く使うことが出来る大きなポイントになります。

アンティーク家具の維持管理は湿度調整も大事です

アンティーク家具に魅了され、コレクションしている人も非常に多いです。
現代の家具と違って、アンティークの家具には職人の高い技術が随所に生かされ、非常に繊細な装飾技術をそこに見ることが出来るんです。
一つ室内にアンティーク家具を置くだけで、一気に重厚な空間に変容し部屋をクラスアップしてくれるのです。
しかしアンティークの家具は100以上も経過しているので、その管理維持には慎重に対処しなければいけません。
木製のアンティークの家具は、湿度などによって膨張してしまい、引き出しなどが開け辛くなることがあるんです。
そのためサーキュレーターや過失付き空気清浄機などを上手く活用し、徹底した湿度調整に努めなければなりません。
万が一引き出しが硬くなって開けることができなくなった場合には、シリコンスプレーなどで滑りを良くしてあげメンテナンスすることも大事です。
ただ完全に固く閉じて開かない場合には、無理に自分で開けずに専門職人に修理を依頼しましょう。

アンティーク家具に関する情報サイト
アンティークMASTER

当サイトは初心者も簡単に理解できる、アンティーク家具の基本情報と豆知識をご紹介しています。骨董の家具について詳しくなりたいという人におすすめです。アンティークの家具を、百年以上きれいに維持保存するために気を付けることも解説しているサイトです。長年大切にしたい魅力的な家具を保存するために役立ちます。さらに本革製の骨董家具の手入れで使うべきアイテムに関する情報もご紹介しています。メンテナンスの知識を得たい人にもおすすめです。

Search