本革製アンティーク家具の手入れで使うべきアイテムとは?

本革製アンティーク家具の手入れで使うべきアイテムとは?

レザーは動物の皮革を加工した物であり、コラーゲンなどがなめし加工によって変質して状態を保っております。
複数の層から出来ているので、外側の繊維を残しているフルグレインレザーは耐水性を持っており、ワックスなどで処理することでより耐久性が高まることが特徴です。
レザーは頑丈な天然由来の素材ではありますが、乾燥や油分の抜けによって劣化してしまうことが知られております。
定期的にクリームを塗って保革することで内部まで潤って、乾燥によるひび割れや銀面の剥離を防ぐことが出来るのです。
革製のアンティーク家具を所有するのならば、素材に見合ったメンテナンスケアグッズとオイルを揃えておかなければなりません。
アンティーク家具を手入れする時には、綺麗にし過ぎないこともポイントです。
汚れを落とそうと思い強力な溶剤を使うと、歳月が作ったエージングを失ってしまうだけではなく色落ちの原因にもなってしまいます。
適度なケアを心掛けることで、より自然な状態で長く愛用することが出来るのです。

アンティーク家具でレザーを使っている物は革用オイルが必要です

革用オイルには複数の種類があり、素材によって使い分ける必要性があります。
爬虫類や牛革では保革の成分が若干ではありますが異なるので、素材を見極めてからケアをしなくてはいけません。
さらに厳密に言えば鞣し方により適応する製品は変わりますので、クローム鞣しなのかタンニン鞣しなのかを購入店で確かめておくことがおすすめです。
革用オイルにはオイルが多く含まれている柔軟効果の高い物から、表面の艶出しに効果的なワックス成分が多い物まで幅広くそろえられております。
日々のメンテナンスケアは前者を使い、定期的に後者を使うなどの状態に合わせたケアが必要です。
アンティーク家具は経年によってダメージが蓄積しており、輸入物は環境が変わることでひび割れや虫食いが発生することもあります。
木材部分は蜜蝋やウッドオイルなどで手入れをして、乾拭きをしながら状態を確認するのです。
アンティーク家具店で手入れについて教えてもらい、素材に見合ったグッズやお手入れで長持ちさせることが重要になります。

アンティーク家具に関する情報サイト
アンティークMASTER

当サイトは初心者も簡単に理解できる、アンティーク家具の基本情報と豆知識をご紹介しています。骨董の家具について詳しくなりたいという人におすすめです。アンティークの家具を、百年以上きれいに維持保存するために気を付けることも解説しているサイトです。長年大切にしたい魅力的な家具を保存するために役立ちます。さらに本革製の骨董家具の手入れで使うべきアイテムに関する情報もご紹介しています。メンテナンスの知識を得たい人にもおすすめです。

Search